読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テラコブログ

たまに戦車のプラモデルを作ります

SHIROBAKO 18話見ました

アニメ・映画 SHIROBAKO

アフレコシーン

新人声優さんのガッチガチの挨拶に代表される若干の空回り感と、成果を出すのに四苦八苦してる感・・・。見てて辛いですね、見てて面映いですね。

音響監督さんが以前の話で「新人は俺達が育てりゃいいんです」って言ってたけど、その通りにしてて、あのシーンよかったです。

キルラキルの特典DVDで、ちょっと似たシーンがあるんですよねー。音響監督=岩浪美和さん、声優さん=洲崎綾さんで、成り上がって勘違いした満艦飾マコのセリフがなかなか思い通りにならない場面。あのシーンと微妙にかぶってジーンとしました。

面倒くさい大倉さん

美術の大倉さん、いかにも昔ながらの職人って感じでいいですね!面倒だけど!アニメ業界って自分の腕一本でどうにでもなるわい、みたいな気質の人がそれなりに多そうだもんなあ。そういう面倒なおっさんをうまいことコントロールしないといけなんだから制作進行は大変だなあ。

あの「どうせもう自分は時代遅れだから」的なのと「それでも俺の技術はまだまだイケる」的なのがぐるぐる混ざって結果面倒くさいおっさんになってる、ていうのはよくありますよねえ(シミジミ)セリフでもあったんですけど「もう紙と鉛筆の時代じゃない」的な業界全体の意識?というのは、ところどころで出てきますねー。

タイタニックと平岡さん

ヤバイ成果物がヤバイ時間であがってくるっていうのは、何気に外注あるあるですね!タイタニック側のやってることって物語上ではトラブルの元凶ぽく描かれるのはしょうがないんですけど、なんなら現実じゃあ結構こっちのほうが幅を利かす考え方ですよね・・・。

主人公ムサニ側は原価〜!とか効率〜!とか工数〜!とかよりもとにかくクオリティだ!理想をモノにするんだ!という明確な方向性を示しているので、どうしてもタイタニックと平岡の「ちゃっちゃっとやりゃあいいんだよ」的な考え方は非常にワルっぽく見えますけど、それもひとつの立派な考え方なんですよねえ。難しいなあ。

そもそもグロス受けっていうんですか?、10数話のうち、何本かを丸々外に出さないと回らないっていうのもおかしな話だなあと・・・。フィクションなんで「歯をくいしばって妥協するだけが現場の唯一の選択肢なんだ、」みたいなのばっかりだと見ててツラいので、今くらいでちょうどですが、色々考えてしまいました。

矢野さんとタロー

あいかわらずタローはいいなあ。新人の佐藤さんと安藤さんにコンビニ弁当のレクチャーとかしてて。ほんといいやつだなあ。矢野さんがラストで帰ってきて、まずは一安心ですね!!!

実際の中の人の解説

アニメ感想まとめサイトなんかだと、実際のアニメ制作の人が色々解説してくれている2chのスレが載っていて、こちらも大変興味深いです。

SHIROBAKO 17話みました - テラコブログ

SHIROBAKO 16話みました - テラコブログ

ofon ファイルボックス (A4縦型5個入) ホワイト

ofon ファイルボックス (A4縦型5個入) ホワイト