読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テラコブログ

たまに戦車のプラモデルを作ります

S-model 1/72 IS-2 #4 ディオラマベースの塗装

S-model 1/72 IS-2 プラモデル・フィギュア

ダイソーの発泡スチロールにタミヤ情景シートを貼ったお手軽ディオラマベースの塗装編です。

まずは石畳に変化をつけるべく、各種グレーでちょんちょんと塗装。明るい色から始めて、黒を足しながら変化をつけました。モトの情景シートの出来がバツグンなんので、自作の歩道とのクオリティ差がますます目立つことに・・・あと、1/72の縮尺にしては、サイズが大きい気もビンビンにするけど・・・まあ、いいや!の精神です。

ある程度、石畳に変化をつけたところでタミヤの情景テクスチャをドバッと。そのままではちょっと明るい気がしたので、カーキを混ぜています。

乾燥したので、車体を置いてチェック。車両がよく通るところは石畳が見え、その周囲に砂埃が溜まっている、という感じをイメージしました。情景テクスチャ+カーキだけでは色味に変化がなく、ぼんやりした印象です。

そこで、カーキやバフ、場合によってはかなり明るいグレイで砂の色調に差をつけてみました。なんかやりすぎたな〜というところは、石畳に使ったグレイで元に戻しつつ。

IS−2には、面の情報量をあげるべく、茶色系のウェザリング、砂汚れを追加しました。いつも思うけど、砲塔天面の汚し塗装は、どうやればいいのか悩みます。側面は「雨だれ表現やっとけばいいだろー」みたいな感じで楽しいのですが。

かなり作業して満足(若干飽きてきたともいう)なので、もうちょっと汚し塗装をして終わりですかね〜。できればガレキを置いたり、フィギュアを置いたりしたいんだけどなあ。

前側に広く空きスペースを取ってあるので、ここにフィギュアを置きたいなあ。でも、1/72フィギュアってあんまり店頭にない印象です。うまい人は自作しちゃうみたいだけど、ぼくにはなかなか・・・。