読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テラコブログ

たまに戦車のプラモデルを作ります

アローダイナミックのAKS−74UNを買いました

2017年になってもオレの電動ガン熱はまだまだ冷めないゼ〜!!!まだサバゲーに行ったこともないクセに、2つ目の電動ガンを買ってしまいました。

アローダイナミックのAKS−74UNというやつです。パッケージのシールを見てもわかるように、製造元はE&Lというメーカーで、販売元がアローダイナミック、ということらしいです。中華エアガンは色々ブランドや会社があってよくわからんですな。巨龍中国ですな。

アローがE&Lに大量発注をかけることで低価格を実現!ということらしいですが、ググってみたらそこまで値段が変わるってわけじゃなさそうです。それに、アローのはひと世代前のバージョンみたいなので(E&L現行だと中身がちょっと改良されていたりするらしい)、ぼくは衝動で買ってしまったのでアレですが、そのあたりにこだわる人はちゃんとE&Lとしてリリースされているやつを買ったほうがいいかもです。

ブツとしては木製のハンドガードにボディのほとんどが金属製という、なかなか豪華?な仕様で大満足です。重たい。E&Lを買った先人のレビューで把握していたとおり、錆止め?のオイルでヌルヌルです。拭きながら触らないと大変です。

金属製ということもあり、ストック付け根なんかの剛性もバッチリ。溶接跡や箱から出した時点ですでに入っている小キズも、かえってリアルな感じに見えるから不思議です。そのあたり、神経質な人には向かないかも。

AKS−74UNていうのは、かの有名なAK−47の後継機AK−74の全長を縮めたやつらしいです。詳細はよく知らないけど、カッコイイな〜と思い購入しました。大きさ的にも手頃です。宅急便の人も配達しやすいナイスなサイズ。

しかし、ググってみるとAKシリーズっていっぱいありすぎてよくわからないですね。知らないと、まずAK−47の後継がAK−74ていうのが冗談みたいですよね。本家本元のロシア製でもいっぱい種類があるし、そこに中国や旧東欧共産諸国がコピー生産&独自に改良したやつなんかも加わって、種類が多すぎ!ややこしい!

カラシニコフ自伝 世界一有名な銃を創った男 (朝日新書 106)

カラシニコフ自伝 世界一有名な銃を創った男 (朝日新書 106)