テラコブログ

たまに戦車のプラモデルを作ります

S&T M870 外装衣替えその2:ウッドパーツ塗装

S&T M870 ソードオフの続き。

teraco3.hatenablog.com

フレームをキャロムショット ブルースチールで塗装したので、今度はハンドガードとグリップを化粧直しします。

せっかくのリアルウッドなので、これを生かした仕上げにしたい!ウッドパーツ、全然悪くないのですが、単純にもう少し赤みがかった色が好みです。

検索すると、木材の塗装に関しては情報がバンバン出てくるので、これらを参考にしました。

ニスをはがす

100均で買ってきた#180の紙やすりで、ニス層をけずり落とします。おおまかに落としたところでやすりを#240に替えてさらにはがしました。やすりの番手は、単純に#180、#240、#400がセットになっていたからです。

グリップ部はラクなんですが、デコボコが入り組んだハンドガード部はかなり難儀しました。ここはダイヤモンドヤスリなんかも使っています。

だいたいイイ感じになったら、削り粉なんかをキレイに洗い落として、乾燥させます。

オイルで染める

ワトコオイルで色をつけてから、ニスで仕上げたいと思います。色味を赤っぽくしたいので、マホガニーかチェリーか迷ったのですが、近所のホームセンターにはマホガニーしか売ってなかったので、こちらで塗装します。

ボロ切れにオイルを染み込ませて、こすりつけるようにして塗布しました。おお、すげーいい感じ!好みの色です!ところどころ薄いところがあったので、30分ほど置いて2回目を塗布。

これでもまだ若干白っぽくて気になる箇所があったのですが、部分的に塗るのは難しそうだし、これ以上塗ると黒くなりすぎる気もしたので、ここでストップしました。

ニスを塗る

水性ウレタンニスのクリアーを塗って、ピカピカテカテカ仕上げを目指します。まずはニスの層を作ろうと思い、短い乾燥時間を置いて3回ほど重ね塗りしました。こういう時はすごくせっかちになってしまいます・・・。

1日ほど乾燥期間を置いて、#400の紙やすりで表面を慣らします。・・・ニスはがし工程で手を抜いたせいか、あまり表面が整っていない・・・。ほんとにキレイに仕上げるなら、一番最初のところでキッチリと表面を整えたほうがいいですね。まあ、最初からやり直す気はサラサラないので、だいたいイイ感じになったら、今度は#800の紙やすりでさらに表面を整えました。そのあと、削り粉を洗い流して乾燥。

最後のニス塗りは水をほんの少し加えて塗ってみました。こうするとハケの跡が残りにくいかなーと思います。作戦成功で、乾燥後はなかなかキレイな仕上がりになりました。うれしい。

こうやってみると、グリップとハンドガードで若干色味が違うんですよね・・・。グリップ側のほうがより赤が強いです。まあ、この辺りをキチンと揃えるのはノウハウが必要そうなので、諦めます。

グロック26(ほんとはグロック27)を買いました

つい先日、東京マルイ MEUピストルを購入したばかりなのですが、今度はどうにもこうにもコンパクトなガスブロが欲しくなり、グロック27を購入してしまいました。絵に描いたような衝動買い!!!

WEのグロック27です。ほんとうはG26が欲しかったのですが、G26はセミ・フル切り替えできて、スライド後部にG18cのような切り替えレバーがあります。それがあまり好みじゃなかったので、G27をチョイスしました。

でも、気持ち的にはグロック26を買った気分です。そこは譲れない。

実銃だと、グロック26=9mm弾使用、グロック27=.40S&W弾使用なのだそうです。

パテント対策?のためか刻印が色々ちがいます。スライドのグロック社ロゴがただのG、フレームのグロック社ロゴがWEに変更などなど・・・。そのあたり気になる人はナンジャコリャだと思います。

ぼくも購入時、刻印の違いが気にかかってモヤモヤしていたのですが、触ってみるとあまり気にならなくなりました。ふしぎ。

中華ガスブロにはさらにスッキリした刻印なしモデルもあるみたいですが、これも、触ってみると案外気にならないかもなー、と思いました。装備品なんかもそうなのですが、あまり実物同様!みたいなのにこだわりがないのです。刻印、こだわる人はほんとにこだわるみたいだけど・・・。

まあでも、こだわらないとはいえ、フレームは実物刻印のパーツがお手頃価格で売っているし、対応しているのかどうか調査して、そのうち交換してみるかも。あと、画像を撮り忘れたのですが、サイトのドットが蛍光グリーン(蓄光機能はなし)なので、好み的にはホワイトにしたいな。

大きさ比較です。マルイの電動ハンドガンG18cと比較するとこんな感じ。ふた回りは違う印象です。数字的にどうなのかキチンと測っていないので不明ですが、触ってみた感じ、メチャクチャ小さく感じます。

持ってみるとこんな感じ。延長されたマガジンバンパーのおかげで、かろうじて小指も握れます。が、かなり窮屈です。手の大きな人でなくてもかなり窮屈なんじゃないかなー。ぼくの手はそれほど大きくないと思うのですが、結構意識して握らないと、小指が余ってしまいます。

マガジンバンパーは結構ガタがあるので、ビニールテープの細切りを貼りました。かなりよくなりました。

なかなかリコイルがあって楽しいです。ガツンというショックよりは、シャープに動く感じ?マガジンはダブルカラムとはいえ短いので、冷えには弱い印象を持ちました。

買ってみて気づいたのですが、コンパクトなハンドガンのほうが好みみたいです。撃たなくても毎日触っている・・・。

いやあ、いい買い物したなあ、グロック27。

でも、気持ち的にはグロック26を買った気分です。そこは譲れない。

マルイMEUピストルを買いました!

今は使わなくなったポーチやらマガジンやらを、メルカリにぽつぽつと出品していたら、それなりに売り上げが溜まってきたので、ちょうど気になっていたブツを買うことができました。

ジャーン。マルイのMEUピストルです。カッコイー。

どういうのがくるか心配してたのですが、それなりにキレイな中古でした。マガジンもガス漏れナシ。バッチリ使えます。

比べてみると、電動ハンドガンのグロック18Cより、一回り大きい感じです。一回りは大げさかな?でも大きい。

これからはガスの季節。ゲームで使うのが楽しみです。

メジャーどころなアイテムなので、カスタムパーツがたくさんあって、みていると楽しいのですが、ガスブロは中いじるのなんだか面倒そうだからなあ・・・。スプリング絶対どっか逝ってしまいそう・・・。

No27 MEUピストル (18歳以上ガスブローバックガン)

No27 MEUピストル (18歳以上ガスブローバックガン)

S&T M870 外装衣替えその1:フレーム塗装

S&T M870 ソードオフですが、せっかくのメタル外装なんだから、ブルーイングにでも挑戦するかな!とやってみたのですが、見事に失敗しました・・・

フレームは結構イイ感じに染まったのですが、アルミ製っぽいバレルがうまく染まらない・・・。急遽アルミブラックというのでやってみたんですが、ちょっとぼくの知識&技量では無理でした。ブルーイング、難しい・・・

BIRCHWOOD(バーチウッド) スーパーブルー(ブルー液)

BIRCHWOOD(バーチウッド) スーパーブルー(ブルー液)

キャロムショット ブルースチールで塗装

で、塗装でリカバリーすることにしました。エアガン用塗料もいろいろあって迷いましたが、キャロムショット ブルースチールをチョイス。ほんのり青みがかった感じになればよいかなーと思います。

軽く塗料の霧を吹きかける感じで2回ほど塗装しました。メーカーの参考画像のように、ブルーにするつもりではなかったので、好みの感じが出たら塗装を終了しました。

ブルースチールはこんな感じ・・・というか、何回か撮ってみたのですが、肉眼で見た感じが撮れないので諦めました。角度や光源の種類で見え方が様々なので、これは説明するの難しいな・・・。塗料そのものは、めっちゃ細かいラメが入った塗料って感じなんですかね???太陽光の下では、ふつうの青、蛍光灯の下で見ると、若干ムラサキがかって見えたりします。

ネットで検索すると、思い通りの色にならなかった!という意見もチラホラ見かけるキャロムショット ブルースチールですが、確かにこの感じを画像で伝えるのはなかなか難しいと思います。ぼくもあともう一層重ね塗りしたら、もっと青くなっていた可能性が高く、そうなると全然好みじゃなくなったかも。使い方によって、大きく印象が異なってくる塗料なのかもしれません。

求める色味によって合う・合わないが出てくると思われるキャロムショット ブルースチールですが、ぼくの場合は、買ってよかった!超よかった!です。乾燥はやいし、塗膜もなかなか丈夫そう。まだまだ残っているので、いろいろ試してみたいな、と思いました。

T-1タイプドットサイトのレンズ保護

キルフラッシュが合わない

愛用している(といってもコレしか持っていないだけ)Vector OpticsのT-1タイプドットサイト、Maverick 1x22。

コレといって不満はないのですが、ただひとつ、後付けで無理やりくっつけてるキルフラッシュがポロポロ取れちゃうのです。

画像のように、キルフラッシュ側のネジがかなり小さいので、そこにシールテープをかなり厚く巻きつけて、どうにか装着しています。まあ、メーカーも規格も違う商品どうしを、ぼくが勝手にチカラワザでくっつけてるだけなので、Vector Opticsに罪はない。

セットが理想なんだけど

T-1タイプというのがナカナカのクセモノで、作るメーカーによってサイズに微妙な差異があるみたい。レプリカなのでいろいろうまくいかないことが出てくるのは仕方ないですね。

スコープ買った時も思ったんだけど、こういうレンズ保護パーツ、キルフラッシュ、メーカー純正があると嬉しいですよねー。サバゲ関連グッズって低価格で嬉しいんだけど、少々高くなってもいいから、セットで販売していただけるのが理想。

マウントは別売りでいっぱい売っているので、本体プラスレンズプロテクターorキルフラッシュがいいな。バトラーキャップも付属していると最高です。

ドットサイトだと、M2タイプレプリカというのが、結構セットになって売られています。ムムム、うらやましいぜ。

T-1タイプドットサイト保護パーツあれこれ

それでもアマゾンで検索してみると、オッこれ使えるんじゃね?というアイテムがチラホラ。

DCI Guns レンズプロテクター

このアイテムは次に試してみたいモノの筆頭です。リングについているネジの部分を締め付けて固定するみたいですね。この方式なら本体との径が少々合わなくても、グッと締めてカッチリ装着できそう。

ただ、レビューをみると、マーベリックにはそれでも大きすぎて、付属のネジでは締め込む際長さが足りないって書いてあるな・・・。まあ、ホームセンターに売ってそうなネジだし、特に大きな問題ではなさそう

GunsModify T1 PC レンズプロテクター

うーん、コレはレビュー見ると、マーベリックには合わないってハッキリ書いてあるなあ・・・。同じT1タイプでも難しいですね。

レンズプロテクター (25mm)

単純にこういうのでもいいかも。マーベリックの対物レンズは22mmだから、ちょっとづつ削って調整して最後はグイッと押し込めば、全然イケそうですね。

UFC T1タイプ用 キルフラッシュ

これはどうなんだろう???レビューないし、画像ガビガビだし、ちょっと勇気いりますね・・・。

で・・・

こういった「周辺機器」的なものって、気のきいている国内の小さなメーカーが作っているのかな?と思っていたのですが、検索したところ、見事に見つかりませんでした。これはもう中華ものづくりパワー&輸入企業の企画力に期待するしかないなぁ。

ぼくはせっかく買ったキルフラッシュを使いたいので(貧乏性)、もうこうなったら、木工用ボンドでくっつけてみようかな・・・。