テラコブログ

たまに戦車のプラモデルを作ります

CYMA MP5Kクルツ(CM041K) 分解して清掃

購入したCYMA MP5Kを分解、清掃します。それと、ハンドガードを装着するため、ハンドガード内にコネクタがきてる配線を、後方に持っていきたい。

というのも、このハンドガードをつけると、銃前方内部へのアクセスがメチャクチャ面倒になるからです。左右から挟み込む構造になっているので、バッテリーをつける際、いちいちネジ7本をはずさないといけない。これは面倒。後方配線にすると、バッテリー入れる際、ピンを2本外すだけなので、格段にラクです。

CYMA MP5K分解方法

  1. 銃最後部のピンを2本外す
  2. 銃前方部のピンを外す
  3. チャンバーを支えている銀色金属パーツのネジを外す
  4. マガジンキャッチ後方にあるピンを外す

で、ロアフレーム、メカボックスとチャンバーを抜くことができます。めっちゃ簡単でござるな。同じクルツでもマルイとCYMAだと分解方法が違うみたいです。

メカボックスです。Ver.3タイプです。セレクタープレートは、なんか構造的に弱そうな部分があったりして、ちょっと心配です。この細い細いところ、ちゃんと耐久性あるのかな。予備を買っておいたほうがいいのかな・・・。

メカボックスの清掃、ギア交換

中をパカッと開けました。おお、緑と青のコッテリとしたグリスの競演です。拭き取ってもなかなか取れないのですが、がんばりました。最後は洗剤&歯ブラシで各パーツをよく洗います。

ここで気になることが。スパーギアに明らかに擦れた跡がありました。目視では確認しにくかったので、このギアだけメカボに入れて回してみると、歪んでいました。手持ちのスパーギアがあったので、交換し、シム調整。

先日の試射で特に問題はなさそうだったので、上記のスパーギア以外、全てそのまま使うことにします。ピストンヘッドのOリングがちょっとスカスカすぎない???と思いましたが、なんか理由があるのかな、と思いそのまま。吸気排気とか、エア容量とか、そういうフクザツなリクツが絡んでいるのでは・・・たぶん。

チャンバーパッキンの交換

チャンバーパッキンは、ちょっとスカスカで頼りなかったので、交換しました。以前買った、PDIのWホールドチャンバーパッキンです。

ホップの突起が左右に分割されたパッキンで、ゴムの質も柔らかいが頼りがいのあるしっかりした感じです。これは期待できる、なんとなく。

気密を高めようとシールテープを巻いてみようかと思いましたが、今回は巻くことでホップの突起のセンターがズレちゃったらイヤだなあと思い、シールテープ巻き巻き作戦は取りやめました。チャンバーに入れる時はタイトなので、シリコンスプレーを吹き、じっくりゆっくり押し込みました。

配線の変更

一番面倒な配線の変更です。はんだづけ全然うまくならないな〜。手持ちのAKうなぎバッテリーに合わせて、Tコネクタに交換しました。

仮組みしたら特に大問題なさげ(マガジンキャッチのとこに押し込む時に、ちょっと注意が必要)なのでこれでおっけーです。

ちなみに使ってるケーブルは特にこだわりなく、amazonで「ケーブル」とかで検索してでてきたコレ使ってます。

Amazonベーシック スピーカーケーブル 16ゲージ 30m

Amazonベーシック スピーカーケーブル 16ゲージ 30m

組み上げ、試射

メカボックスのネジは、以前ホームセンターで買ったものに交換しました。国産かどうかわかりませんが、こっちのほうが断然、信頼性が高いです。皿ネジをチョイスすると幸せになれます。

ハンドガードをレイル付きのものに交換し、早速試射したところ、ちょっとだけ初速がアップしてました。清掃効果か?Wホールドパッキン効果か?理由はともかく嬉しいです。

まだマガジンを買っていないので、はやく買わねば・・・。これまでのゲーム参加状況で、どうもフルオートでバリバリ撃つ場面って少ないので、スプリング式のマガジンでいいかなーって思ってます。安いし、BB弾が中でジャラジャラいわないのもイイです。

CYMA M870(CM350L)にショットシェルホルダーつけました

先日、サバゲにやっと持って行きました。CYMAのM870(CM350L)自家製ソードオフです。性能的にはちゃんと3発飛ぶし、それなりに弾道もイイ。右側バレルのやつだけちょっと浮き気味ですが、まあ、許容範囲です。

ボディや内部のほとんどがプラ製なので軽く、ソードオフ化のおかげで取り回しもイイ。それになにより、ショットガンでゲームをするのが楽しくてですね・・・(シミジミ)CYMAのM870、買ってよかったな〜、ぶったぎってよかったな〜と思いました。

ただ、ちょっとショックなことがありました。ショットシェル失くしたんですよね〜。入れるポーチとかなくて、ダンプポーチに入れてたら、見事に1コ失くしました。午後のゲーム、あの坂道を駆け下りた時なんだよな〜あの瞬間なんだよな〜。結局みつからなかった・・・。

この調子でショットシェル携帯してると、ゲームするたびに失くすゾ!と思い、ネットを検索。上記アイテムを購入しました。(買ったやつはブラックです)

コイツを本体に接着します。かなり強力な接着剤が塗ってあるので、そうそう取れることはないと思います。縦方向にちょっと長い気がしたので切りました。

ショットシェルを差してみるとこんな感じ。5コも入ればじゅうぶんです。これを全部撃ち尽くそうとなると、めちゃくちゃガチャンコやらないといけない。しんどい。おれにはそんな体力も気力もない。

今のところ、ゴムのテンションが高いので、ベルクロの接着面がちょっと波打ってるのですが、バッチリくっついてます。

CYMAはこの機種のバリエーションを怒涛のように展開していて、展開力、スピード感は、さすが中華メーカーだぜって感じがします。M870 TAC-14タイプほしいなあ。かっこいいなあ。

CYMA MP5Kクルツ(CM041K)を買いました

電車でサバゲに行っているので、少しでも荷物が少なくなるとイイナーと思い、コンパクトな電動ガンを購入しました。

MP7も候補だったのですが、ぼくの年代的にMP5のほうがしっくりくるんですよね・・・。

アクション映画によく出てたから、こっちのほうがナジミがあるんだよな〜、MP5。(最近はUMPを見かける気がします)

実物のMP5Kは、思っていた以上にコンパクトでした。うーむ、いいぜ。ちいささは正義だぜ。アウトドアフィールドでサバゲするときは、リュック&ガンケースの2コ持ちが基本だったのですが、劇的に減らせる予感!たとえ軽くても、ガンケースは結構かさばるんですよねー。

セールスポイントの「フルメタル」外装なので、重量はそれなりにあります。2kgくらい?片手でもラクラク持てるけど、長時間はちょっと厳しいかな〜。でもしっかりしてるので安心感があります。うーむ、いいぜ。フルメタルは正義だぜ。しかし、メタルといってもどういう金属なんでしょう。わからん。

第一印象は超高評価なMP5Kなのですが、ネットなんかで検索すると、ちいさいぶん「クルツは非力」「あともう少し飛距離があれば」なんて声もみかけるので、アウトドアフィールドで使えるかどうかちょっと不安ではあります。サバゲではどちらかというとアタッカー的な動きをすることが多いので(なぜか走りたくなる)、飛距離出なくても結構使えるのではと思っているのですが・・・。

箱だしの数字はこんな感じ。思っていたよりイイ!ただ、サイクルはもう少しほしい感じ。モーターを変えたほうがいいかなぁ。

初速もクルツでこれだけあればイイんじゃね?と思ってるのですが、実際にフィールドで弾道など見ないとなんとも言えないですね。今度のサバゲに持って行って確認したいと思います。

メカニクスのM-pactグローブを買いました

最近、サバゲーの装備品をちょこちょこ買い換えています。

米軍実物!とかそういうこだわりもなく、また、かさばるのがイヤなのでキャリアプレート等も興味がないので、安いポーチやらBDUやらを検索して買っているのですが、グローブだけは、ちょっと高くてもいいからイイやつが欲しいなと思っていました。

そうなると、選択肢の筆頭はMechanix Wear(メカニクスウェア) のグローブです。あちこちのブログでも褒められているし、サバゲーフィールドでもよく見かけます。いいものに違いない。

サバゲーを初めたころ、ゲーム中、BB弾が指に当たって、ずいぶん痛い思いをしたので、指の保護もできるやつがイイなあと思い、M-pactグローブにしました。値段もイイ感じ。しかし、メカニクスのグローブってたくさん種類があるんですね。どれにするか結構迷いました。

(↑サバゲーショップだけでなくバイク・車系のショップでも売ってるのもうれしい。自分の欲しいサイズとカラーを根気よく探せば、そうそう欲しいのに買えない思いをすることもなさそうです)

M-pactグローブは、甲側を保護してくれるシリコン?のパーツがついているぶん、カタイのかなぁと思っていたのですが、そんなこと全然ありませんでした! フィット感抜群!いやー、これはサバゲープレイヤーが褒めるだけありますわ。メカニクスのグローブすげえわ。

先日、VLHLさんでゲームに参加した際、M-pactグローブをデビューさせてみたのですが、実際使ってみて、ますます気に入りました。ストレスを感じることなくゲームでき、快適でした。これからはM-pactグローブ一択だな〜。

夏場とかはちょっと暑そうなので、通気性がよさそうなタイプも気になります。

グロック18cの外装をカスタムしたい

先日、またもや週末に雨の予報が出ていたので、安全策として、インドア施設にサバゲをしに行きました(昼から快晴になりちょっとショックでした)。

基本的には、アウトドアフィールドで遊びたい派なのですが、インドアフィールドに遊びにいく際は、荷物が少なくて済むので助かります。

ガスハンドガン(SAA G17)と電動ハンドガン(東京マルイ G18c)を一丁づつ持っていけば、特に不満もなく遊べてしまいます。セミオート限定のゲームがほとんど(というか、全部?)なので、予備マガジンも1本づつしか持って行きません。だいたいそれで足ります。なので、モールベルトやホルスターなんかも持って行きません。予備のマガジンはポケットに突っ込んでおけば事足りてしまいます。

グロックの他には、ほんの少し大きめのリュックに、ゴーグルフェイスガードその他押し込んでいけばそれでOK。ガンケースがないだけで、荷物持ち運びの負担がずいぶん違います。

電動ハンドガンのグロック18cは、今持っているエアソフトガンのうちで、唯一自分で調整等していないマルイのもの。買って一年くらい経つかな?それなりに使っているつもりですが、依然快調です。さすがマルイ。冗談で仲間には「おれが持っている中で一番信頼性の高いガン」と言っています。

この電動ハンドガンのグロック18c、中身に関しては特に不満はないので、性能に関わらない外装カスタムがしたいなーと思っているのですが、そういったパーツはあんまり出てない印象です。スライドとかフレームとか、マガジンキャッチとか・・・変えたくないですか。特にフレームをTANカラーにしたいんだよなあ・・・。

あんまりそういう需要はないのかな。

100連マガジンはちょっとだけほしい・・・。