読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テラコブログ

たまに戦車のプラモデルを作ります

パセリのサラダ

近所のスーパーに、10束ぐらい入ってるパセリが安くで売っており、珍しいな〜と思い購入。

オリーブオイルと酢と塩こしょうでそのままムシャムシャ食べました。おいしかった。あらかじめちょっと塩を振ってシナッとさせると、モゴモゴ感がなくなって食べやすいです。

トマトと玉ねぎをミジン切りにして、そこに豆と、大量のパセリを入れる、というのも試してみました。こちらもおいしいかったです。味付けは上記と同じ。

豆はサラダ豆的なパッケージのやつを入れましたが、ひよこ豆とかに統一すると、異国情緒が一緒に味わえてよいかも〜と思いました。だが、そんなものは近所のスーパーには売ってないのです。ブルボンのお菓子は結構充実してるけどね。

トマトコーポレーション ひよこ豆(イタリア産) EO缶 400g×24個

トマトコーポレーション ひよこ豆(イタリア産) EO缶 400g×24個

パセリというと、なんか皿の飾りにチョコッと載ってる、みたいなイメージですが、食べるとおいしいし、独特の香りでスキッと爽やかな気分になれます。そして、なんか栄養が多そうなので、健康になった気がする。

パセリが売ってたら、ぜひお試しください。

四畳半神話大系を見たり読んだり

TOKYO MXでやってた(再放送)アニメ「四畳半神話大系」が終わってしまった!!!

日曜夜「リトルウィッチアカデミア」と並んで楽しく見ていたアニメだったのでとても寂しいです。

アニメが面白かったので原作小説も買って読んだのですが、こちらも面白かったです。

四畳半神話大系 (角川文庫)

四畳半神話大系 (角川文庫)

買うときパラパラ見て「文体が合うかな〜」と心配していたのですが、完全に杞憂でした。バッチリはまりました。(ぼくは結構不得意な文体とか不得意な絵柄とかがあって、食わず嫌いの小説・マンガが多いです…)

原作は4部構成?ぽくなっていて、最初の3つは「私」のいろいろな可能性、あったかもしれない学生生活を描いていて、最終章で一気にグワーッとズギャーンとお話が展開する感じ。どんでん返し?違うな。なんていうのかな、ああいう感覚。

アニメはこの小説を、連続テレビアニメとしてちゃんと構成してるな〜という感じです。原作にあるエピソードを細かくチョップしたりペーストしたりあるいは大胆に省略したりブランニューをつけたしたり並べ替えたり繰り返したり…K.U.F.U.!

絵もいいよねえ。ちょっとした動きに気持ち良さがあってほんとうに好み。そして、若干の「気持ち悪さ」もあるのがすごいと思う。超いい。

ネットの評判を見ると、最初の放送時のOP・EDがバッチリハマっていたという意見が目立ちました。

今回のは曲自体はイイけど、やはり最初のOP・EDが印象強すぎて良すぎて…みたいな意見。ふむー、そうなのか…。そういうの大事ですよね。それならば!と思い、BOXセットを検索してみたのですが、やや、躊躇する値段です。アニメ初心者にはなかなかハードル高いよ!どっかで最初の曲バージョンで放送していないのかな?

少し安いやつはDVD?のリージョン?がちがう?らしくて再生機器によっては見られないらしい。ますます難しいな。

オフィシャルブックも中古でまあまあプレミアがついてました。こちらはエイヤ!で買える値段だけど、もともとの値段を知ってしまうとなんだか躊躇してしまう。すいません、貧乏性で。

四畳半神話大系オフィシャルガイド

四畳半神話大系オフィシャルガイド

このタイミングで再販とかしてくれると本当にありがたいんだけどなああ。無理かなあああ。

ホットカーペットはすごい!!!

ホットカーペットはすごい!!!

猫を吸い寄せる力が落ちない、ただ一つの吸引力!!!

アヌビスの門って小説で、魔法使いは地球の重力より、月の重力に引かれるって設定があった(うろ覚え)!!!

そんな感じで猫はホッカペ(略称)に引かれる!!!

アヌビスの門〈上〉 (ハヤカワ文庫FT)

アヌビスの門〈上〉 (ハヤカワ文庫FT)

アヌビスの門〈下〉 (ハヤカワ文庫FT)

アヌビスの門〈下〉 (ハヤカワ文庫FT)

E&L AKS-74UNを分解してみます(メカボックス編)

(アローダイナミックって会社から発売されている電動ガンなんだけど、中身はE&Lのそれなので、ここではE&Lって書いてます。紛らわしくてすいません!)

続きです。

これがAKS−74UNの心臓部、メカボックスだッ!!!

Ver.3っていうのかな?たぶんごくごくフツーのVer.3メカボだと思います。セレクターレバーと噛み合うギアがあるので一応噛み合わせを写真に撮っておきます。

パカッ。中は・・・ムー・・・なかなか汚いです・・・。塗られていたグリスが、乾いてボロボロになっている・・・。

ギアやパーツ自体はなんかフツーそうです。汚いけど。特にイイとかワルイとかなさそう。汚いけど。まあ、そんなにいろいろ見ているわけじゃないから、良し悪しはわかりません。これでヨシ。汚いけど。

ピストン、シリンダー部分はこんな感じ。ピストンヘッドは中央がもりあがっている「サイレントピストンヘッド」タイプでした。ググッてみたら色も赤色の、スゲー似ているパーツがヒットしました。というか、これそのものなんじゃないかな?ピストン本体にはLAND ARMS のロゴが入ってます。

ELEMENT サイレントピストンヘッド 電動ガン各種

ELEMENT サイレントピストンヘッド 電動ガン各種

ピストンとシリンダーの具合を見てみると、なんかちょっとスカスカ感が強い感じ・・・。こういうのがいろんなブログで見る「気密が取れてない」状態なのかなー?

しかし交換パーツも手元にないので、マルイ純正グリスを塗り直して、メカボは閉じました。

今回変更してみるパーツは、ノズルのパーツです。紫色がカッコいいゼ。ググッたら、AKのノズルパーツとひとくちに言っても、ロングとショートの2タイプあるみたい。買うときは要チェックですね。今回はフツーにものさしで測って買ったけど、ノギスが欲しいなあ。モノサシで測ってると、そのうち使えないパーツ買っちゃいそうです。

ちなみにこれでなおる!という確信は全くなくて、安いし交換してみたいな〜的な安易な感じです。

組み立ては、もうあらかた段取りがつかめているので、バラすときより簡単!

しかし、段取りはわかっていても、フロント部分を止めている二つのイモネジを締めるのが、超絶ウルトラスーパーハイパー面倒です。ちょっとづつしか回せないのでストレスがたまる!しかもこれ、あんまり何回もやってると、ナメてしまいそうだな〜。パカッとフタごと外れたら少しはマシなんだろうけど。

組み立てて、もう一度試射・・・・

んんーーーー、やっぱり調子わるしです。前回よりマシな感じはありますが、やはり給弾不良が起こります。

これはマガジンとの相性が悪いのかなあ・・・。安いの買って試してみます。

E&L AKS-74UNを分解してみます

(アローダイナミックって会社から発売されている電動ガンなんだけど、中身はE&Lのそれなので、ここではE&Lって書いてます。紛らわしくてすいません!)

E&L AKS−74UNクリンコフです。相変わらずかっこいいなあ。

金属部品のほとんど(っていうか全部?)は磁石がくっつきます。ハンドガードは木製です。重たいけど、なんかモノとして好ましく思います。買ってヨカッタ。

年始に開封してからほとんど触ってなかったので、室内で初の試射をしました。

バッテリーはニッケル水素8.4v1100mAh AKタイプバッテリーです。

配線にはヒューズがついてます。S&Tスポーツラインにはなかったのでなんだかフレッシュ。ついてるやつとついてないやつ、どっちのほうが多いのかな?

バッテリー、一応きちんと収まるのですがかなりキッツイので、リポバッテリー採用&コネクター小型化したほうがよさげだな〜。

撃ってみた感じですが……ウーム、ギア・モーターといったメカボックス側(という言い方が適切なのかどうなのか)は、ノイズ・異音等なく快調に動いているようですが、BB弾の飛びがイマイチ…というか全然定まりません。弾がポロポロ落ちたりも。イメージですが、ピストンが引かれ→押される1サイクルのうちに、弾が複数同時にガガッと入ってるみたい。

これはきっとアレだな、給弾不良というやつだな!(名推理)

チャンバーかマガジンか、どうもそのあたりがアヤシイ!と電動ガン歴約2ヶ月のゴーストがささやきかけるので、早速分解してみましょう。

日本語マニュアルが付属しているのですが、分解図&説明はクリンコフではなくて、AKM?です。

まずは簡単そうなフラッシュハイダーから外しました。給弾不良と関係ないけど。抑えているピンを押し込みつつ、ハイダーを回すと取れます。S&Tスポーツラインで得た知識で言うならCWのネジですね!グリスの固まったやつ?がこびりついてました。なんかこの雑な感じ、キライじゃないぜ。

グリップは底のネジを回すだけ。モーターはE&Lロゴ入「スタンダード」タイプが収まっていました。モーターを保持するパーツにはLAND ARMSのロゴ。ちなみにぼくはE&Lのロゴ、結構スキです。Tシャツあったら欲しい。

チャンバーは左右の六角ネジでフレーム内部に止められていました。回せる範囲が狭いので、結構やりにくいです。この作業、フレームカバーが完全に取り外しできれば、ずいぶんラクになりそうなんだけどなあ。カバーの回転軸んとこ、外れる気がしないんだよなあ。

ここから先の作業がわからなくて検索しまくった結果、どうやら、リアサイトベース(?)の2本のイモネジを外すと、ごそっとフロントが外れるみたいです。

かなりアクセスしずらい位置ですが、手元の六角レンチで作業できるので助かりました。ちょっとずつ回していくと…無事フロント部分が外れました!よかった!

疲れたので続きは後ほど・・・。

気づいたことがひとつ。「E&L AK 分解」とかで検索すると、かなりの頻度でLCTの情報があがってくるんですよね〜。そっちのほうがメジャーなんだな。今度はLCT買ってみるか…。